絶対温度とは何?絶対零度で分子のエネルギーがゼロになるのは嘘?

絶対温度……私たちがいつも使っている℃で表される摂氏温度(セルシウス温度)とはちがい、K(ケルビン)という単位で表される温度です。

普段は使わない絶対温度。これは一体どんなものなのでしょうか。

簡単でありきたりな説明だけではなく、ちょっと踏み込んだところまで説明してみます。

絶対温度とは

絶対温度というのは、これ以上温度を下げることができない絶対零度を0としてあらわした温度です。

ですから絶対温度にマイナスの温度はありません。

温度の目盛間隔は、摂氏温度と同じ(温度差1℃は温度差1K)ようにつけられています。

0Kは、−273.15 ℃で、私たちの周囲の気温は300Kくらいになります。

絶対零度の簡単な説明

絶対零度(0K)というのは、最初に言ったように「それ以上温度を下げることができない温度」のことです。

なぜ、絶対零度よりも温度を下げることができないか、この質問に対してよくある説明を挙げてみます。

理想気体の状態方程式からの説明

理想気体の状態方程式は

  PV=nRT

(P:圧力、V:体積、n:気体のモル数、R:気体定数、T:絶対温度)

で表されます。

この式から、絶対温度Tが0Kになると圧力か体積がゼロになることがわかります。

圧力も体積もマイナスの値はない(0が最低)なので、絶対温度も0Kが最低になります。

分子の運動による説明

理想気体の状態方程式を分子の運動という立場でいうと、絶対温度は分子の運動エネルギーに比例するものと説明できます。

ですから、絶対零度では分子の運動エネルギーがゼロになる温度ということもできます。

エネルギーもゼロが最低なので、これ以上温度を下げることができません。

この説明でいいのか?

ちなみに自分は天邪鬼なので、上に書いたような説明にはケチをつけたくなります。

何となくわかったつもりにさせる説明だからです。

理想気体は実在しないものですが、モデルが簡単なので物理では便利に使われてます。

でも、ごく低温になるとそうはいきません。

実際には絶対零度まで気体のままでいられる物質はありませんし、もし存在したとしても低温の挙動は違ってくることが理論的にわかっています。

それなのに、理想気体の体積がゼロになるとか、運動エネルギーがゼロになるとか、低温まで拡大解釈して説明するという方法を採りたくないのです。

当時の科学者はどうだったのか

理想気体の状態方程式が発見されたあと「約-270℃が温度の下限ではないか」と主張した科学者たちがいました。

でも、あくまでも主張です。

「状態方程式がPV=nRTだからTが一番低い温度だ」

と信じ込むほど、当時の科学者も単純ではありません。

温度とは何か? 熱とは何か? と考え続け、実験で確認しながら理論を作っていったのです。

あらためて絶対零度とは何か?

冷たい温度計

「絶対零度とは何か?」

と聞かれれば答えはひとつです。記事の最初から答えを書いています。

「それ以上温度を下げることができない温度」

これが絶対零度です。

なぜそれ以上温度を下げることができないのか?

では、なぜ絶対零度より温度を下げることができないのでしょうか?

簡単に説明してみます。

物質が何らかの変化を起こすとき、発熱する場合と吸熱する場合があります。

吸熱すると温度が下がります。

ですから、温度を下げるには吸熱変化を起こしてやればいいということになります。

色々な吸熱変化をみてみると、どの場合にも「これ以上は吸熱できない」という最大の吸熱量が決まっています。

そして、その最大の吸熱量は温度によって変わり、最大吸熱量と絶対温度が比例することがわかりました。

ですから、絶対温度では吸熱変化は起こせないので、それ以上温度を下げることはできないのです。

ちょっと腑に落ちない説明かもしれません。でも仕方がありません。

絶対温度は熱力学的温度と呼ばれるもので定義されています。

簡単に言えば「最大の吸熱量と比例するもの」「絶対温度」で、「最大の吸熱量がゼロになる場合」「絶対零度」と呼ぶ、そう決められているのです。

「絶対零度より温度を下げることができない」というのは、物理の基本法則のひとつになっています。

基本法則は、それ以上詮索のしようがありません。

それより先は「自然がそうなっているから」と答えるしかないのです。

熱力学温度

熱力学温度が見つかるまで、科学者は「温度」とどう定義すればいいのかわからず悩んでいました。
摂氏温度はすでに使われていましたが、水銀を使った温度計で決められていたので「水銀の体積変化」で温度を定義していたことになります。
このように特定の物質に頼らない定義が求められていたのです。
ちなみに、上で説明した「熱力学温度」の定義は、簡単な説明で不十分なので気をつけてください。

絶対零度では分子の運動エネルギーはゼロなのか?

”絶対零度の簡単な説明”の項目で、絶対零度では分子の運動エネルギーがゼロになるという説明も書きました。

こちらはどうでしょうか?

熱や温度を分子の運動で説明するのは統計力学という分野です。初期の統計力学では確かに絶対零度では分子のエネルギーがゼロになるという結論になります。

ただし、統計力学を作っていった当時の人たちもごく低温では理論が破綻する(現実と合わない)」ことを知っていました。

それを承知で理論が作られていったのです。

理論の破綻を解決したのが量子力学と呼ばれるものです。

その量子力学では、「絶対零度でも分子の運動エネルギーはゼロではない」ということがわかっています(自由粒子以外)。

絶対零度では分子のエネルギーがゼロになるというのは実際は間違いなのです。

これも「なぜ?」と聞かれると「自然がそうなっているから」と答えるしかありません。

そう考えると、何となくわかったつもりになる説明で済ましておくのが賢明な態度なのかもしれませんね。

関連記事:絶対温度の単位Kに名を残したケルビンとはどんな人物か?
関連記事:絶対湿度とは何だろう? 普段使っている湿度との違い