ワードプレスで数式を表示させてみる ブログがちょっと恰好よくなるかも?

  i\hbar\frac{\partial}{\partial t}\left|\Psi(t)\right>=H\left|\Psi(t)\right>

いきなり何かわからない数式を表示させました。

ワードプレスを使ってこのような数式を簡単に表示させる方法を紹介します。

数式を必要としている人はもちろんですが、自分のブログに数式を表示して遊んでみてはいかがでしょうか。

Beautiful Math with LaTeX

ワードプレスのプラグインとして、"Jetpack"を使っている人なら何もしなくても数式を表示できます。

"Beautiful Math with LaTeX"という数式表示のプラグインが内包されていて、デフォルトで有効になってるからです。

ブログの文章内に数式を埋め込むことを意識してるせいか、数式としてはBeautifulというほどビューティフルではありません。

※行の上下に大きくはみださないよう分数が小さく表示されるなど

LaTeXとは何か?

LaTeX(正式には、\LaTeXと書く)は、組版(紙面のレイアウトなどをするもの)方式の名前で、数式も扱えるシステムです。

”Beautiful Math with LaTeX”は、そのLaTeXの記述に従って書いたコードを数式に自動で変換してくれるものです。

ここでは”LaTeX”自体の説明はしませんので、式を作りこみたい人は検索して下さい。親切丁寧なサイトが沢山あります。

数式を表示を試してみる

とりあえず、ワードプレスに数式を表示させてみましょう。

以下のコードをコピーして、ビジュアルエディターで「プレーンテキストとして貼り付け」すれば、数式が表示されます(上手くいかないときはコードエディターで貼り付け)。

$latex i\hbar\frac{\partial}{\partial t}\left|\Psi(t)\right>=H\left|\Psi(t)\right>&s=1$

エディター上では、コードがそのまま表示されていますが、プレビューすると数式になっているのがわかります。

プレビューが嬉しい

以前はプレビューで数式が表示されなかったので、エラーがあっても公開するまでわかりませんでした。公開した後エラーだったら焦りまくりました。

Jetpackを入れていない場合

Jetpackを入れていない人もいるでしょう。その場合は、新たにプラグインが必要になります。

MathJax LaTeXというプラグインが使いやすいという評判です。

でも今回の記事は、新しくプラグインを導入してまで数式を表示させたいという人向けではないので、Jetpackを導入していることを前提に説明します。

MathJax LaTeXも試す

実は MathJax LaTeX も導入して試してみましたが、なぜか上手くいかなくて「もういいや」と投げ出しました。
気が向いたら、もう一度 MathJax LaTeX を試してレビューしたいと思います。

コードを少しだけ解説

もう一度コードをみてみましょう。

$latex i\hbar\frac{\partial}{\partial t}\left|\Psi(t)\right>=H\left|\Psi(t)\right>&s=1$

最初の”$ latex”は「ここから数式を開始します」という開始の合図で、最後の"$"が「ここで終わりです」を示す終了の合図です。

最後の"$"の前にある"&s=1"は、数式の大きさを示すものです。

数字を大きくしていくと式が大きく表示され、数字を小さくすると式も小さくなります(-4から4まで)。

それ以外は、LaTeX の文法に沿って記述しています。

コピペ用コード

いくつかの数式のコードを書いておきますので、コピペして遊んでみてください。

i\hbar\frac{\partial}{\partial t}\left|\Psi(t)\right>=H\left|\Psi(t)\right>

これは、量子力学のシュレディンガーの波動方程式というものです。わけのわからなさ全開なので、よく数式表示のモデルに使われています。

下のコードをコピーして貼り付ければ、あなたのブログに波動方程式が登場します。

シュレディンガーの波動方程式のコード

$latex i\hbar\frac{\partial}{\partial t}\left|\Psi(t)\right>=H\left|\Psi(t)\right>&s=1$


次はこれ、一般相対性理論のアインシュタイン方程式です。

G_{\mu\nu}+\Lambda g{_\mu\nu}=\frac{8 \pi G}{c^4}T_{\mu\nu}

一般相対性理論のアインシュタイン方程式のコード

$latex G_{\mu\nu}+\Lambda g{\mu\nu}=\frac{8 \pi G}{c^4}T{\mu\nu}&s=1$

何だか相対性理論が簡単に思えてきます。


よく使いそうなものとして二次関数の解の公式も書いておきます。

x=\frac{-b\pm \sqrt{b^2-4ac})}{2a}

二次方程式解の公式のコード

$latex x=\frac{-b\pm \sqrt{b^2-4ac})}{2a} &s=1$


ネットの関係で使えそうな式がないかいうことで、Googleのページランクを表す式も作ってみました。

PR=(1-d)+d\sum_{p_i=1}^{n}\frac{PR(T_i)}{C(T_i)}

Googleページランクを表す式

$latex PR=(1-d)+d\sum_{p_i=1}^{n}\frac{PR(T_i)}{C(T_i)} &s=1$

色々遊んでみてください。

Beautiful Math with LaTeXが使えない場合

”Jetpack”の設定で、”Beautiful Math with LaTeX”がオフになっていることがあります。

そんな場合のために有効にする方法を書いておきます。

”Jetpack”の設定画面を開く

Jetpackの設定をクリックします。

jetpack

デバック画面にアクセスする

設定画面の一番下のフッターにある”デバック”をクリックします。

モジュール一覧画面を開く

デバック画面にある”お使いのサイトで使用可能なJetpackモジュールの全一覧にアクセスします”をクリックします。

詳細画面

Beautiful Mathを有効にする

”Beautiful Math”にチェックを入れて有効にします。

Beautiful Math

これで使えるようになります。