ハイオクガソリンとは何?レギュラーガソリンとの違いは何だろう

ガソリンスタンドには、ディーゼル車用の軽油以外に、レギュラーガソリンとハイオクガソリンの2種類のガソリンがあります。

ハイオクガソリンは、レギュラーに比べて、1リットル当たり10円くらい高いので、ハイオクの方が高級だということは想像つきます。

でも、実際何が違うのか、よく知らない方もいるかと思います。

そこで、ハイオクガソリンとはどんなものなのか、簡単に説明してみます。

そもそもハイオクガソリンとは

ハイオクガソリンは、「ハイ-オクタン価ガソリン」の略で、レギュラーガソリンより「オクタン価」が高いガソリンのことを指します。

と言ってもよくわかりませんね。

そこでまずオクタン価について説明してみます。

オクタン価とは

後で詳しく説明しますが、ガソリンエンジンには「ノッキング」という現象があります。

ノッキングを起こすと、変な音や振動があるだけでなく、エンジン本来のパワーや燃費が発揮できず、最悪の場合はエンジントラブルになってしまいます。

オクタン価というのは、このノッキング現象の起こりにくさを表すものです。

ハイオクガソリンはオクタン価が高く、ノッキングを起こしにくいガソリンのことを指します。

オクタン価の由来

オクタン価の「オクタン」は物質の名前です。

厳密に言えばイソオクタン(正式名称:2,2,4-トリメチルペンタン)」のことを表します。

ガソリンは、色々な物質の混合物ですが、その中で一番ノッキングを起こしにくいものが「イソオクタン」です。

オクタン価の表し方

ガソリンの成分の中で、一番ノッキングを起こしにくいのがイソオクタンでした。

逆に一番ノッキングを起こしやすい物質は n-ヘプタン(ノルマル-ヘプタン」です。

n-ヘプタンのオクタン価を0、イソオクタンのオクタン価を100とします。

そして、n-ヘプタンとイソオクタンを混合した液体と、実際のガソリンのノッキングの起こしやすさを比較します。

そして、一致した混合液のオクタンの割合をオクタン価と呼びます。

ハイオクガソリンのオクタン価は、JIS規格でオクタン価96以上と決められていて、実質はオクタン価98~100のものが販売されています。

ノッキングとは?

では、ノッキングとはどんなものでしょう。

ガソリンエンジンは、ガソリンと空気の混合物に点火プラグで着火して、その勢いでピストンを持ち上げて動力にしています。

ピストンが下がりきった状態で着火して、その炎が燃え広がっていくという仕組みです。

しかし、ガソリンと空気の混合物がピストンでの圧縮などで高温になっていたりすると、点火プラグのタイミングとは別に勝手に着火してしまうことがあります。

これがノッキングの正体です。

ハイオクガソリンを使った方がいい?

では、レギュラーガソリンを使うより、ハイオクガソリンを使った方がよいのでしょうか?

自動車にはハイオク仕様のものと、特に指定のないレギュラー仕様のものがあります。

それぞれについて、ハイオクを使うべきかどうか考えてみましょう。

レギュラー仕様の場合

自動車の多くはレギュラー仕様です。

レギュラーガソリンでノッキングを起こさないように設計されていますので、ハイオクガソリンを使う必要がありません。

別にハイオクガソリンを入れても問題ないのですが、わずかに燃費が上がるくらいの効果しかありません。

少々燃費が上がったとしても、価格の高いハイオクを使うので金銭的にはマイナスになるだけです。

ハイオク仕様の場合

「ハイオク仕様」は主にスポーツタイプの車に多い仕様です。

このタイプのエンジンは、パワーを上げるために、ガソリンと空気の混合気を目一杯圧縮します。

するとピストン内の温度が上がりノッキングを起こしやすくなります。

ハイオク仕様の車にレギュラーガソリンを入れても、走ることはできますが、ノッキングを起こすので本来のエンジン性能は発揮できず、エンジントラブルにつながる可能性もあります。

高くてもハイオクガソリンを使った方が無難でしょう。

ハイオクガソリンの歴史

ガソリン

ハイオクガソリンの歴史を辿ってみると、その意味合いがより一層はっきりします。

歴史自体も興味深いものなので、少し触れてみたいと思います。

有鉛ガソリンの誕生

1921年、アメリカの化学者 ”トマス・ミジリー” が、ガソリンに「テトラエチル鉛 (略称:TEL)」を添加するとオクタン価が上がることを見出しました。

※ミジリーはフロンの発明者としても知られています。別記事『フロンとは何か? オゾン層を破壊した夢の化学物質』で紹介していますので、よければ合わせて読んでみて下さい。

このTEL(または類似物質)を添加したガソリンを、有鉛ガソリンと呼びます。

有鉛ガソリンは、普通のガソリン(いわゆるレギュラーガソリン)よりもオクタン価が高い「ハイオクガソリン」だったのです。

1970年頃までは、自動車用のガソリンと言えば有鉛ガソリンのことで、ガソリンスタンドには有鉛ガソリンしかありませんでした。

ですから自動車も有鉛ガソリンを使うことを前提として製造されていました。

有鉛ガソリンの公害問題

しかし鉛には毒性があることから、公害として社会問題になります。

日本では、1971年に鉛の環境基準が定められて、ガソリンは鉛を使っていない無鉛ガソリン(現在のレギュラーガソリン)に置き換えていくことが決まります。

そのため自動車も無鉛ガソリン仕様のものしか製造されなくなりました。

無鉛ハイオクの誕生

1983年に、出光興産と日本石油が「無鉛ハイオクガソリン」の販売を開始しました。

無鉛ハイオクは、鉛を添加するのではなく、触媒を使ってガソリンを改質することで、オクタン価を高めたものです。

※高速域でのオクタン価を高めるよう改質したものと、低速域でのオクタン価を高めるように改質したものを混合しているそうです。

無鉛ハイオクの広がり

無鉛ハイオクガソリンは、通常のガソリンと差別化して高く売ることができるため、「車の性能が上がる」「環境にやさしい」といった名目で広く扱われるようになります。

実際はこの頃の自動車はすべてレギュラーガソリン対応車(ハイオクガソリンがないので)だったので、ほとんど効果はなかったようです。

でも、それによってガソリンスタンドでハイオクガソリンが販売されるようになり、自動車メーカーもハイオク仕様のパワーのある車を製造販売するようになりました。

歴史のまとめ

歴史を簡単に振り返ると、こんな感じです。

有鉛ガソリンというハイオクガソリンのみが販売され、自動車もハイオク仕様のみだった時代

無鉛ガソリンというレギュラーガソリンのみが販売され、自動車もレギュラー仕様のみだった時代

レギュラーガソリンと無鉛ハイオクガソリンの2種類が販売され、自動車もハイオク対応とレギュラー対応の2種類がある時代

なんだかややこしいです。